蜂の子とは?

蜂の子ってそもそも何?

蜂の子っていうのはそもそも何なのでしょうか?

 

 

一言で言ってしまえば、文字通り蜂の子供なわけですが、このカテゴリーはそんなそもそもの話をしていきたいと思います。

蜂の子とは?記事一覧

蜂の子というのは・・・

そもそも、蜂の子っていうのは何なのでしょうか?簡単にいうと、蜂の子供になります。つまり蜂の幼虫ですね。もっといえば、蜂の巣の中にいるものです。狭い意味では、蜂の幼虫という意味ですが、一般的にはさなぎや、かえりたて(成虫になったばかりの蜂)の若い蜂も含んでいるようですね。蜂は膜翅(まくし目科)のアリを...

≫続きを読む

蜂の子の本家はやっぱりミツバチ

蜂の子を食べる習慣というのは、日本でも古くからありました。今でもそれは一部で続いていますが、もっぱら地スガレと呼ばれる地バチです。ですが、今はミツバチの子を使って健康食品としての蜂の子が作られています。蜂の子は中国で古くから食前に供していましたが、それも地バチではなくて、ミツバチを食べていたそうです...

≫続きを読む

卵から21日目のさなぎが一番栄養価が高い

昆虫にはそれぞれ、さまざまな変態を経て成虫へと成長していきます。蜂の場合は、完全変態という形態で、卵から幼虫、そしてさなぎから成虫へと段階をへて成長していきます。働きバチは、卵が3日、幼虫が6日、さなぎが12日の合計21日で成虫となります。女王バチは、卵が3日、幼虫が5.5日、さなぎが7.5日で成虫...

≫続きを読む

蜂の子の栄養価はローヤルゼリーの300倍

蜂の恵みの健康食品としては、他にローヤルゼリー、花粉、プロポリスなどがあります。ローヤルゼリーは、若い働きバチから分泌されますが、かすかな芳香のある白色の半流動体で、甘酸っぱい味が特徴的です。女王バチはこれをえさとして、2,000個程の卵を1日で産むと言われています。花粉は、ミツバチが女王バチや幼虫...

≫続きを読む